ハート

うつ病の情報を確認【少ない薬の量から治療を始める事も大切】

種類と特徴について

カウンセリング

治療方法と薬

うつ病には、様々な種類があります。まず、重症度で種類分けをすることができます。軽傷の場合は、仕事が上手くできなくなったり、他人とのコミュニケーションが上手くできなかったりという症状が僅かですので、周囲の人が気付かないことが多いと考えられます。重症の場合は、仕事に関しても他人とのコミュニケーションでも明らかに困難と分かるため、周囲が心配するレベルの症状となります。また、特徴的な症状によっても種類分けすることができます。メランコリー型であったり、産後うつであったり、季節型などがあります。メランコリー型の特徴としては、仕事であったり、自分の役割だったりに対して責任を過剰に感じ、頑張り続けることでストレスが多くなりすぎてしまい、うつ病になってしまうケースです。産後うつの特徴としては、ホルモンの変化であったり、子育てに対する不安であったり、睡眠不足によるストレスや不健康が原因で発症するケースです。季節型の特徴としては、特定の季節が来ることで発症し、季節が変わることで症状が和らいで行く特徴があります。うつ病の治療方法はいくつか考えられますが、薬によって症状を回復させる方法が一般的だと考えられます。薬には数多くの種類があります。例えば、アナフラニールです。この薬は、脳内の神経伝達物質であるセロトニンを増やす効果があります。セロトニンが増えることによって、不安感が和らいで行き、安心を感じるようになります。また、ノルアドレナリンを増やす効果もあり、意欲を高める効果があります。スルピリドという薬には、脳内の神経伝達物質の働きを整える効果があり、気分を安定させることができますし、抑うつ作用もあります。胃腸の運動を促進させる効果もありますので、潰瘍の症状を改善させることができます。ゾピクロンという薬は、寝つきを良くする効果があります。よく聞く薬ですが、安全性が高いことから、安心して使用することができる薬です。うつ病の症状として起きる不眠症の改善として、初期に使用される薬です。このように、抗うつ剤や精神安定剤、睡眠導入薬によって症状改善が行われます。