ハート

うつ病の情報を確認【少ない薬の量から治療を始める事も大切】

薬で症状を抑える

聴診器

正しい服薬が必要です

ストレスが多い現在の日本において、うつ病は珍しくない病気となっており、心療内科や精神科で専門の医師の診断を受けることが求められています。うつ病の原因にはさまざまな要因が考えられますが、まだ詳しく解明されていないことが多く、未知の部分が多く存在します。そのため、「気が弱っているだけ」や「怠けているだけ」と、簡単に捉えられる傾向があり、周囲の理解が得られにくいのが特徴です。しかし、最近の研究で、うつ病は脳内物質の分泌異常が原因であることがわかってきており、原因に対する対処方法も解明されつつあります。特に「セロトニン」と呼ばれる、幸せを感じるホルモンの分泌が少ないために、悲しい気持ちになったり、やる気が起こらなかったりすることがわかってきています。うつ病には、抗うつ状態と躁状態を繰り返すものや、普段は正常なのに、あるタイミングで気分が急に落ち込むものなど、いくつかの種類が存在します。症状は人によってさまざまですが、睡眠障害や食欲不振、日常生活が送れないくらいの体調不良など、人によって症状の出方はまちまちです。しかし、どのような症状でも、脳内物質のバランスが崩れていることが原因であり、適切な治療が必要と言えます。うつ病は、セロトニンなどの脳内ホルモンの異常分泌を正常にすることで、症状を和らげることができるとされています。そのために用いられるのが抗うつ剤であり、心療内科や精神科の医師の処方箋があって、初めて手にすることができます。投薬には、症状に対する適切な量が重要となってくるため、医師の指示をきちんと守って服薬することが求められます。心療内科や精神科では、カウンセリングを通してうつ病の種類や程度を特定し、症状にあった抗うつ剤が処方されます。また、睡眠障害がある患者には、メラトニンなどの睡眠を促す薬や、体重管理が必要な患者には、食事を助ける薬なども処方されます。さらに、自分で薬の管理ができない患者や、医師が正しく薬を服用できないと判断した場合には、入院して病院で服薬する方法も取られます。抗うつ剤の服用では、正しい量を決められた時間に服用することが大切で、薬の管理には十分な注意を払うことが大切です。それらを守り、患者を癒して安心させるためにも、家族などの周囲の理解と、適切なサポートが不可欠と言えます。