ハート

うつ病の情報を確認【少ない薬の量から治療を始める事も大切】

薬の特徴と使用目的

男性

薬の特徴について

うつ病になってしまったら治療方法の一つとして抗うつ剤の服用です。抗うつ剤は何種類もありますがほとんどが脳内物質を調整する働きがあります。風邪薬などとは違い効果はすぐには現れずある一定期間飲み続けなければ効果は出てきません。副作用もありますので、服用は最初に少量から始まり副作用出なければ徐々に量を増やしていきます。また副作用が出ても体が慣れて来ますから、この慣れてきた頃を見計らって薬の量を増やします。そして症状が安定期に入ったのち本当に改善されたと医師が判断して服用をやめる時も少しずつ量を減らしていきます。これは治ってはいても最初の頃はまだストレスに弱い状態だからです。副作用は嘔吐や下痢便秘などがあります。その他にめまいや性機能障害などもあげられます。精神的な副作用では不安や焦り、衝動性などです。このような副作用を考慮に入れて医師は薬を徐々に増やしていきます。また妊婦についても注意が必要で、医師の指示のもと適切に薬を服用しなくてはなりません。抗うつ剤は2週間以上続いている暗く落ち込んだ気持ちや、やる気が出てこない、人と話したくないなどうつ病の症状をやわらげるために使用します。うつ病にかかってしまうと患者はとても苦しい症状に耐えていかなくてはならずその辛い症状を少しずつ軽減していきます。うつ病の患者はドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質のバランスが崩れてしまっています。そのバランスを正常にするのが抗うつ剤の目的です。この神経伝達物質ですが、セロトニンとノルアドネラリンの量が減ってしまうと情報が脳内でうまく伝わらなくなってしまい色々な心の症状がでてきます。精神的な症状以外、肉体的な症状でも睡眠障害や食欲が無いなどの症状も出る事があります。使用方法としては、副作用がどの程度出ているか医師が判断してその症状の合わせ徐々に薬の量を増やしていきます。その後は一定量を服用し続けて症状が改善されれば今度は量を少しずつ減らしていきます。医師の指示に従い使用いていけば問題は無いです。