男性

うつ病の情報を確認【少ない薬の量から治療を始める事も大切】

薬で症状を抑える

聴診器

身近な病気となったうつ病は、脳内ホルモンの分泌異常が原因であると言われており、抗うつ剤で症状を抑えることが可能となっています。抗うつ剤を処方してもらうためには、心療内科や精神科で医師の診断を受けて、処方箋を出してもらうことが必要です。

詳しく見る

症状改善には通院が良い

医者

うつの症状を少しでも感じた時には、症状が悪化してしまう前に心療内科などに通院することが重要となります。症状改善のためには自分にあっている病院を探すことも重要であり、処方された薬も自分に合っているものを継続して使用する必要があります。

詳しく見る

時間をかけて治療をします

看護師

副作用を学ぶ事も大切です

昔は副作用が強い抗うつ薬もありましたが、現在は様々な種類の薬が開発され、患者さん一人一人に合った適切な薬を服用する事ができます。ジェネリックで処方される薬もあり、費用面でも安心感を持って、治療を続けられる方はたくさんいます。うつ病は起こる仕組みがまだはっきりと解明されていませんが、最新の研究で脳の神経の伝達物質が減ってしまうなど、脳の機能の異常が生じる事も分かってきています。研究が進められる中で、脳の働きを活発にするなど、抗うつ薬の効果で順調に症状が回復する患者さんも多いです。抗うつ薬は効果が出る前に副作用が先に出てくる可能性があるため、専門医に副作用に関する説明もきちんと聞きながら、少ない薬の量から治療を始める事も大切です。様子を見ながら、薬物療法を続けていく時に、症状を和らげる薬も併せて使うなど、医師と相談しながら薬での治療を続ける事ができます。そのため、吐き気などの副作用が起こっても、慌てて薬をやめてしまう事がないように薬物療法の正しい知識を身につける必要があります。抗うつ薬には様々な種類があり、脳の神経細胞を回復させるためにはしばらく時間がかかるため、時間をかけた治療も大事です。現在の薬物療法は、比較的に副作用の少ないSSRIやSNRI、そしてNaSSAが使われることが多いです。SSRIは、セロトニンだけを増やすように開発された薬で、SNRIは、セロトニンとノルアドレナリンの再取り込み阻害に作用するため、意欲が出ない患者さんにも効果を発揮する事が期待されます。NaSSAは、減少したセロトニンとノルアドレナリンの分泌を促してくれ、複数ある抗うつ薬の中で効果が強いのが特徴です。新しい薬だけではなく、古いタイプの三環系抗うつ薬の方が効果が出る患者さんもいるため、専門医が患者さんの状態を見ながら、適した薬を選んでくれます。うつ病の治療は半年から一年かけて、抗うつ薬を服用するケースも多く、症状の改善だけではなく、時間をかけて気持ちを安定させていき、少しずつ薬の量を減らしていきます。病を治したいと気持ちが焦る方もいますが、専門医に相談しながら、ゆっくりと治療を続けていく事も大切なポイントです。

薬の特徴と使用目的

男性

抗うつ剤の服用目的は暗く落ち込んだ気分などをやわらげるためです。抗うつ剤の服用の仕方は最初は少量から飲みだんだんと量を増やしていき症状が改善されたと医師が判断したら、今度は急にやめるのでは無く少しづつ服用量を減らしていきます。

詳しく見る

種類と特徴について

カウンセリング

大きく分けたら2種類あるいぼの種類について前半で説明し、その後、どのような治療方法があるのかを説明しています。特にウイルス性についてはさらに2種類に分けて詳しく説明しています。治療方法についても大きく分けて3種類の方法を紹介しました。

詳しく見る

薬で心の病気を治療

看護師

うつ病はストレスなどが原因で発症し、精神と体の両面に症状があらわれます。抗うつ剤を服用することにより脳内の神経伝達物質の調整をして症状を改善することができます。服用して数か月から半年程度で症状は治まります。

詳しく見る